初めて社内にクラウドPBXを導入するならこれだけは知っておこう!初心者のための解説!

当サイトは初めて社内にクラウドPBXを導入するならこれだけは知っておきたい、初心者のための解説を掲載しています。
また、クラウドのPBXを導入したくなる魅力的な特徴を解説しているサイトです。
メリットを知って、自社の通話応対環境を改善させるのに役立つかもしれません。
またクラウドのPBXの導入に必要な初期費用にも触れています。

初めて社内にクラウドPBXを導入するならこれだけは知っておこう!初心者のための解説!

内線通話を便利にするため、初期費用を抑えてPBXを導入したいと考えている初心者の方もいるのではないでしょうか。
そのようなときにはクラウドPBXを選ぶのがおすすめです。
従来のPBXなら構内交換機を購入して設置する必要がありました。
しかしクラウドPBXなら設置にかかる費用を節約することができます。
インターネットが繋がっているところならPBX環境が作れるので、遠隔地のスマートフォンにも内線で接続することが可能です。

クラウドPBXの基本的なシステムの仕組み

クラウドPBXは、特定の場所に設置することでインターネットを通した通話や通信を行うことができる仕組みのことです。
従来までは、電話交換機はもっと物理的な方法で行っていたのですがクラウドPBXではネットワークを介した簡易的な作業を追求している違いが存在します。
実際に、物理的にその場所に存在するわけではありませんので場所を選ばずに電話環境を構築できるという大きなメリットが存在します。
また、設定に関しても通常のインターネットの操作と同じようにブラウザ上で行うことができるのが大きな特徴です。
アプリケーション等を利用することによって、デバイスから簡易的に設定を行うことができるため時間も手間も必要になりません。
言い換えれば、インターネットに繋がっている状態であればいつでもだれでも利用できる環境を構築できます。
従来まであったハードウェアが必要にならないという観点からも、コスト面を含めて非常に使いやすいサービスです。

クラウドPBXを導入するまでの流れ

クラウドPBXを導入するまでの流れは、非常にシンプルで簡単です。
導入するサービスを決めたら、提供している会社のホームページ等から問い合わせをしましょう。
問い合わせをすると担当のスタッフが予算や目的などを聞き取り、最適なプランを提案し見積もりも取れます。
プランの内容と見積もりを検討し導入することを決めたら、契約を結びクラウドPBXの利用に必要な情報を取得します。
情報を取得してアカウントを受け取ったら、クラウドPBXを利用可能です。
場合によっては担当者がオフィスを訪れ専用のアダプタや使用する電話機を設置する必要がありますが、基本的には簡単な流れで利用を始めることができます。
これまで一般的だったPBXでは、コストや時間がかかり導入のハードルは高くなっていました。
しかしクラウドPBXならホームページから問い合わせてスピーディーに利用開始まで進められるので、導入する企業の負担は減っていると言えるでしょう。

クラウドPBXを導入するために必要な期間

企業の中で利用する電話はビジネスフォンが主流ですが、最近はPBXに切り替える企業も多くなっています。
両者の共通点は、1つの回線を複数の内線電話機で共有すること、外線の発着信や内線同士の通話および転送などです。
PBXにできるけれどもビジネスフォンにできないことは、スマートフォンを内線化して使用できる点や離れた拠点で内線を接続できる点(IP-PBXおよびクラウドPBX)、着信相手の情報を表示できることやパソコンと接続できるなどが挙げられます。
IP-PBXとクラウドPBXは、外部サーバーでもあるクラウドサーバーを利用するのか否かの違いになりますが、導入するまでの期間は自社内にサーバーを必要としないクラウドPBXの方が早くなります。
基本的に、クラウドPBXのサービスを提供している会社を選択して契約を交わす、後は必要な情報やアカウントを発行して貰えば直ぐに運用を始めることができるので期間短縮への効果も高まるわけです。

クラウドPBXの導入に必要な機器

クラウドPBXの導入に当たって必要な機器はいくつかありますが、インターネット回線も必要でこれにはいろいろな種類のものがあります。
回線速度や通信の安定性を考えたとき、光回線がおすすめです。
光回線は光ファイバーを利用してデータの送受信を行う、というものです。
クラウドPBXと端末も必要で中でも、スマートフォンが一番お手軽です。
法人用の端末は値段が張るので、レンタルか、個人のスマートフォンを業務利用できるようにするのがお得です。
これはアプリをインストールするだけで内線端末として使うことが出来ます。
クラウドPBXを固定電話で使用したいときは、IP電話が必要となりますが新品という考えだけでなく、中古やレンタルという方法もあります。
スマートフォンやソフトフォンを利用したいなら、wifiルーターも必要で、数十名で使うなら法人用のものが良いでしょう。
すでに導入しているアナログ電話網でIP電話を利用するようなら、VoIPゲートウェイもいります。

クラウドPBXに関する情報サイト
クラウドPBX初心者のための解説!

当サイトは初めて社内にクラウドPBXを導入するならこれだけは知っておきたい、初心者のための解説を掲載しています。また、クラウドのPBXを導入したくなる魅力的な特徴を解説しているサイトです。メリットを知って、自社の通話応対環境を改善させるのに役立つかもしれません。またクラウドのPBXの導入に必要な初期費用にも触れています。

Search